テーマ:お客様のご感想

7月13日、14日東京開催

「右脳的リーディング占星術」2日間が

無事に終了致しました。

 

今回はARI占星学総合研究所さんの主催で、

なんと開催4日前にみなさまに告知をしたのにも関わらず、

県外、遠方からもお越しいただきありがとうございました。

前日の夜中にお申込みいただいた方もいらっしゃり、

その行動力の持ち主は、占星術で言うところの、

火のエネルギーと才能がある方で、その底力を見せつけられました。

 

今回の2日間、

 

「なぜ、この講座を受けようと思ったのか?」

 

という質問から、講座はスタートしました。

 

占星術を学んだけれどもマニュアル通りにしか読めない。

自分のリーディングがクライアントさんに伝わっている感じがしない。

このリーディングで良かったのかどうか、自信が無い。後悔することも。

他の人の占星術リーディングを聞くと、自分の星読みに自信が無くなった。

どれだけ勉強しても占星術の知識に不安がある。

まずは、占星術と右脳的な視点から自分を知りたい。

 

などのシェアがたくさん出てきました。

 

それ、よくわかります。

 

わたしは、占星術のリーディング、星の読解をすることについては、

透視やチャネリングやサイキックな情報の受け取りと解読とは

その方法、やり方が少し異なると考えています。

 

なぜ、異なるのかの理由を講座の中でお伝えしているのですが、

そこから能力の使い方を変えていくために、

右脳的リーディング占星術を開発、構築しました。

 

もちろん、左脳的な知識はとても大事だということは言うまでもありません。

右脳的の前に、

基本中の基本。

基礎で不可欠。

わたしも左脳的に読む占星術のマニュアルを作成しています。

 

その一方で、右脳的に占星術を読む方法を学ぶと、

全く新しい未知の情報にアクセスすることができるようになります。

 

クライアントさんが目の前にいる場合でも、

自分自身を星で読む場合も、

新しい情報源、情報元に繋がることができる。

新しい発見、創造があるのです。

 

つまりは、宇宙との共同創造が成立する。

 

本当の占星術リーディングは、こういうものなのではないかと

思うのです。

 

さて、そんな感じて開催した今回の2日間の講座で、

とても嬉しいご感想をいただきました。

 

アンケートから抜粋したものです。

Q:アンケートの満足度

 

A:とても満足

A:気づきがあった

A:とても楽しかった

 

Q:今後、どのような講座を受けてみたいですか?

 

A:今回の学びもっと深める講座

A:もっと自分の感覚、右脳を伸ばす、深めるための講座

 

ご感想:

自分が左脳に固まっていることに気づきました。

感覚を広げることが学べました。

気づきがありました。

こんなに気の合う楽しい人たちとの講座は初めてでした。

家族のような人たちとの講座でした。

また、ブラッシュアップの会をしてください。

今後もつながりたいので右脳会を作りましょう。

オフ会をしましょう。

史穂香さんに出会えてよかったです。

 

とにかく、真剣にホロスコープに向き合う時間、

その中でも爆笑が絶えない、

そんな右脳的リーディング占星術の2日間でした。

 

みなさんが、

固定概念からどんどん解き放たれて、

宇宙とつながり続けますように、これからもサポートさせていただきます。

 

本当にありがとうございました。

わたしにとっても皆さんの右脳的な力のおかげで、

大変楽しく、また幸せな2日間でした。

 

 

次回の「右脳的リーディング占星術」の開催は

10月12日(土)13日(日)

開催地:東京浜松町近辺

 

7月下旬

名古屋開催(マンツーマン指導型講座)

東京開催(マンツーマン指導型講座)

8月初旬

東京開催(マンツーマン指導型講座)

 

ちなみに

9月14日(土)15日(日)

思いっきり左脳的な講座

「ビジネスデザイン占星術講座」開催地:大阪市(会場はお申込みの方にお伝えします)

の開催です。

 

10月東京開催右脳的リーディング占星術と

9月大阪開催ビジネスデザイン占星術講座につきましては

ARI占星学総合研究所さんにお問合せください。

 

右脳的リーディング占星術のマンツーマン指導講座のご希望、ご質問については、

直接、弊社のお問合せページからご連絡ください。

↓↓

右脳的リーディング占星術の詳細はこちらから

http://grandhappiness.com/school/

Copyright © grandhappiness All Rights Reserved. Created by CyberIntelligence

PAGETOP